• HOME
  • CONTENTS
  • ヘミシンク
  • 『あきらめない! ヘミシンク』 コツさえつかめば、あなたにも短期間でブレイクできる

『あきらめない! ヘミシンク』 コツさえつかめば、あなたにも短期間でブレイクできる

『あきらめない! ヘミシンク』が出版されました。

ヘミシンクのCDを聴いたりセミナーに参加したりしたことはあるけれども、うまく体験が進まなくて挫折しそうになっている人、あるいはコツをつかめないで試行錯誤している人たちのために書きました。
「私にはヘミシンクは向いていないかも…」と、挫折しそうな人に向けての応援メッセージ。
「あきらめるな! 俺だってできたんだから、あんただって大丈夫だよ」。
自分の体験を通して掴んだヘミシンクのコツやテクニック、あるいは気づきなどを、余すところなく公開しました。

『あきらめない! ヘミシンク』
コツさえつかめば、あなたにも短期間でブレイクできる

著 者:芝根秀和   推 薦:坂本政道
出版社:ハート出版  発売日:2011/9/17
価 格:1,890円   単行本:320ページ(ソフトカバー)

 

「何も見えない」「寝てばかり」「私にはヘミシンクは向いていないかも・・・」
あきらめるのは、まだ早い! イマジネーションを信じれば、奇跡は起こる。
ヘミシンクの落ちこぼれの著者がファシリテーターになるまでの間に掴んだコツを大公開。これは、ヘミシンクで立ち往生している人たちへの最強の「参考書」でもある。

ヘミシンク最大のコツは、「イメージのキャッチボール」
「ただ聴いていれば何とかなる」というのは幻想。何とかするのは自分。ヘミシンクはそれを力強く手助けしてくれる。「自分で勝手に想像するのはよくない」というのは誤解。想像することこそ、豊かなヘミシンク体験を可能にする最大のカギ。自分の出したイメージには、必ず向こうからイメージが返ってくる。それが、イメージのキャッチボール。慣れてくれば、キャッチボールのスピードはしだいに速くなる。意識しなくても自然にキャッチボールできるようになったとき――それが “ブレイク” の瞬間なのだ。本書には、ヘミシンクのコツやテクニック、ポイントがたくさんちりばめられています。きっと “モト” が取れます!

◆坂本政道の〈Mas日記〉でも紹介していただきました。
〈ハート出版社長の絵日記〉に書いていただきました。

以下、「はじめに」「推薦の言葉」「目次」を載せました。

はじめに

「ヒデさん、そんなに興奮してしゃべらないでください」と、相方のトレーナーからときどき注意されます。(ヒデさんというのは私のニックネームです)。
 何を興奮しているのかというと、セミナー参加者の中にときどき「私にはヘミシンクは向いていないかも…」といって、早々と白旗を上げようとする人がいるからです。
 ついつい「そんなことはない! あきらめるのはまだ早いです!」と声を荒げてしまうのです。
 本当は、「いったい何回CDを聴いたんですか? 何ヶ月続けたんですか? セミナーには何回出たんですか? 聴きながら何をしていますか? ただ聴いているだけではダメですよ! どんな工夫をしていますか?」と矢継ぎ早に問い質したいくらいなのですが、そこはグッとこらえて、「なぜ自分には向いていないと思うのですか?」とたずねます。
 あきらめようとする人の多くは、次のように答えます。

・何も体験できない。何も見えない。本に書いてあるようなことが何も起こらない。真っ暗闇です。
・爆睡してしまう。導眠剤代わり。波の音が聞こえ始めたら寝てしまい、最後のピーという終了の音で目が覚める。そのくり返し。
・聴いているのが苦痛。むずむずしてくる。じっとしていられない。すぐにヘッドフォンを外したくなる。

 それでも――「あきらめないで続けていれば、かならず“ブレイク”できます!」と、私は自信を持ってアドバイスできます。なぜなら、私自身がそうだったからです。
 自宅で聴いても何も起こらない。セミナーに出ても寝てばかり……。何度あきらめようと思ったことか。それでもしつこく続けていたおかげで、コツもつかめたし“ブレイク”もできました。
 “ブレイク”とは、私が使っている言葉で、ヘミシンクのコツをつかんで、一気に体験がダーッと進み始めた状態のことです。「おおおおぉぉぉ。これがヘミシンクだ~~!」という感じです。やったー!です。(詳しくは本書の中で)。

 最初は、ヘミシンクにコツってあるのか? いったいコツって何なのか?――それすら手さぐりでした。ヘミシンクがデキルというのは、どういうことなのか?ということも、さっぱりわかりませんでした。
 どんな状態になれば、どんな体験をすれば、ヘミシンクがデキルことになるのか――どこにも明確な答えはなく、イライラしていました。
 試行錯誤の一年半。これが“コツ”だとわかりはじめ、そこから“ブレイク”するまでに半年。つかんだコツを自分のものにするまでに、さらに半年くらいはかかりました。合わせれば二年半です。

 そんな私だったのですが、いまではトレーナーです。アクアヴィジョン・アカデミーに所属し、モンロー研究所の公認アウトリーチ・ファシリテーターの資格を得て、ヘミシンクのトレーナーをやっているのです。アクアヴィジョンの代表は、坂本政道さん。彼のもとで十人のトレーナー仲間たちとともに、セミナー活動などを通して、日本におけるヘミシンクの普及活動をしています。家庭学習用のCDアルバム『ゲートウェイ・エクスペリエンス』の解説書『ヘミシンク完全ガイドブック』も書かせていただきました。
 ヘミシンクの落ちこぼれだったこの私がトレーナー。しかも解説書まで書いて……自分でも信じられません。

 トレーナー活動を通して実感していることですが、たとえばヘミシンク入門のセミナー(エクスカージョン・ワークショップ)に参加した人が十人いたとしたら、そのうちおよそ半数の人は、かつての私と同じ悩みを抱えています。
 ということは、セミナーに参加しないで、自宅で家庭学習を続けている人の中には、もっとたくさんの悩める人がいるのではないかと思います。

 この本の中で私は、自分の体験を通して、試行錯誤のなかからつかんだヘミシンクのコツやテクニック、気づきなどを、思いつく限り書き出しました。
 私のヘミシンク体験を紹介しながら時系列に書いているので、体系的ではありませんが、むしろそのほうが納得していただけるのではないかと期待しています。

「なるほど! これは使える!」と、少しでもヒントにしていただければ幸いです。「こうすればいいのか!」と、一枚でも二枚でも目からウロコを落としていただければうれしいです。 そして、「よし! もう少しヘミシンクを続けてみよう!」と思っていただけたら、これに勝る喜びはありません。

 私がつかんだヘミシンクのコツやテクニックは、多くの人にも共通することだと思います。しかし、万能薬ではありません。一人ひとりに個性があるように、ヘミシンクの体験は百人百様です。それと、トレーナーが変わると、アプローチも異なるかもしれません。ヘミシンクは、そういうものなのです。
 ですから、ここに書かれている通りにやる必要はありません。納得できるものを選んで、試してみてください。そして、自分なりに創意工夫してみてください。それが一番大切なことです。自分で工夫して身に着けたコツやテクニックに、勝るものはありません。

 この本は、下書きの段階で坂本政道さんにも目を通していただき、アドバイスをいただきました。しかし、あくまでも、私の体験を通して得たものです。アクアヴィジョンの公式テクニックではありません。また、モンロー研究所のお墨付きでもありません。そのことをお断りしておきます。
 と、言い訳しつつも――かならず!参考になると思います。ヘミシンクのエクササイズに行きづまりを感じている人は、ぜひ、最後まで読んでください。

 決してあきらめないでほしい。私が二年かかって得たものを、一日でも早く得てほしい。――そんな気持ちで、私はトレーナーをやっています。

 ヘミシンクを通じて、自由に、創造的に、楽しく生きていくことを学んだり、直感力や創造力、問題解決力を培って、仕事などに活かしている方々がいます。また、心の痛みや悲しみ、苦しみを乗り越え、それを歓びに変えて希望を持って生きていけるようになった方々もいます。
 普通の会社員だったり、経営者だったり、専業主婦であったり、セラピスト、お医者さん、学校の先生、芸術家…さまざまな職業の方がいます。年齢もいろいろです。そういう方々の多くは、ご自身の体験を公表はしていませんが、仕事や日常生活、社会生活の中でしっかりとヘミシンクを活かしています。
 そのような人たちを見ることは、トレーナー冥利に尽きます。モンロー研究所の知見や技術をお伝えし、体験できる場を提供できることに誇りを持てます。うれしいです。ありがたいです。
 一人でも多くの人に、そういうことを体験していただきたいと思います。そして、私自身も体験を続けていきたいです。

 ヘミシンクをやるにあたって、何かを「信じてください」というものは、ありません。強制するものもありません。自由です。
 ヘミシンクの素晴しさは、「自分で体験できる」ということです。本で読んだことや人から聞いた話を鵜呑みにするのではなく、自分で体験すれば、これほど納得できるものはありません。たとえば、「ガイドの存在を信じましょう」ではなく、ガイドと交信したり出会ったりできれば「ガイドはいます。当然です」ということになるのです。

 ただ、一つだけ、信じてほしいことがあります。
 それは――「自分にも可能性がある」ということです。
 それだけは、信じていてください。

芝根秀和

本書は、すでにヘミシンクのCDを聴いていたり、ヘミシンクのセミナーに参加したりしたことはあるけれども、うまく体験が進まなくて挫折しそうになっている人、あるいはコツをつかめないで試行錯誤している人たちのために書きました。したがって、ある程度はヘミシンクについての知識を持っていることを前提にしています。ヘミシンクについてあまり知らない方は、巻末の資料をご覧ください。モンロー研究所やヘミシンクについての基礎情報を載せています。さらに詳しく知りたい方は、坂本さんの本やロバート・モンローの本をご参照ください。あるいは、モンロー研究所やアクアヴィジョン・アカデミーのホームページをご覧ください。


推薦の言葉

 ロバート・モンローにより開発されたヘミシンクは、これまで超能力者と呼ばれる人たちやヨガなどの行者のみが体験することができていた特殊な意識状態を、一般の人でも体験できるようにした音響技術と言っていいでしょう。
 そういう体験とは、具体的に言えば、自分の肉体から遠く離れた場所の様子が把握できたり、人の思いがわかったり、過去世と言われる自分の別の人生を知ったり、英知を備えた知的生命体と交信したり、死後世界を探索したり、自分が生まれてくる前にどういう計画を立ててきたのか知ったり、地球を離れ、他の星を訪れたり、あるいは、この宇宙から抜け出て、別の宇宙を探索したり、大宇宙との一体感を味わったりと、人知を超える、およそ常識からはかけ離れた体験です。
 こういうヘミシンクでの体験については拙著をはじめ、最近では多くの本が著されているので、ご存知の方も多いと思います。
 私はモンロー研究所のレジデンシャル・ファシリテーターとして、ヘミシンクを体験するセミナーを開催してきていますが、前からひとつのことが気がかりになっていました。
 それは、本に書かれたようなドラマチックな体験を、一回目のセミナーから体験する人がいる反面、まったくなにも体験できない、あるいは、できていないと思ってしまう人もいるという事実です。実際、最初から、皆が考えるような、いわゆる「ヘミシンク体験」をする人はごく一部です。
 問題は、多くの人が、「ヘミシンク体験」について大きな誤解をもっているということです。
「ヘミシンク体験」とは、本に出てくるような、ドラマチックでエキサイティングな体験でなければならない、という誤解です。
 あるいは、ロバート・モンローが体外離脱の達人だったので、モンローの開発したヘミシンクは、体外離脱を可能にするための方法だという誤解です。そこから、さらに、体外離脱ができて初めて上に書かれたような体験が可能となる、だから、まず体外離脱できなければいけない、という誤解です。
 こういう誤解のために、本当は体験しているのに体験できていないと思い込む人が多く見られます。
 ただ、体験できない理由は、こういった誤解だけではありません。それ以外にもいくつもあります。本書のすばらしい点は、それをひとつずつ明らかにし、クリアしていく点です。

 本書『あきらめない! ヘミシンク』の著者芝根秀和さんは、今でこそアクアヴィジョン・アカデミーのトレーナーであり、モンロー研究所のアウトリーチ・ファシリテーターをされていますが、ヘミシンクを聴いても当初はまったくなにも体験できませんでした。セミナーに参加しても体験らしい体験はなく、満を持して行ったモンロー研でも寝てばかり。
 1回や2回セミナーに参加してなにも体験できなかったという程度ではありません。筋金入りと言ってもいいくらいです。
 そういう彼も苦節2年。努力は必ず報わるものです。努力と創意工夫の結果、ついに開花するときが来ました。ヘミシンクのコツをしっかりとつかんだのです。その後は、ヘミシンクを自在に使いこなせるようになりました。
 だから、あきらめてはいけません。どんな人もみな彼のように羽ばたくことができるようになるのです。
 ただし、芝根さんが言うように、2年もかける必要はまったくありません。彼が本書でお伝えしたいのは、もっと早く羽ばたくためのコツです。そのコツをお伝えするために、自らが歩んだ紆余曲折の道をお話しし、コツの背景にある理屈も理解していただけるようにしています。
 本書は、ヘミシンクをあきらめかけていた人にとって、大きな励みになるだけでなく、実は、ヘミシンクで体験できるようになっている人にとっても、自分の知覚を高めていく上で貴重な助言を与えてくれる一冊になりえます。というのは、自分がこれまでやってきた仕方と違うことを試みることで、より幅広く知覚できるようになるからです。
 いずれにせよ、本書が、多くの人がヘミシンクを楽しむための手助けになればと願っています。

2011年盛夏
坂本政道


目次

プロローグ あこがれが現実に
モンロー研究所のことを知る
転機がやってくる
“こころ” の探究をテーマに
ヘミシンク・セミナーに申し込む

第1章 落ちこぼれのヘミシンク ―― 可能性を信じて
最初の誤解
初めてのヘミシンクは寝てばかり
想像するのはよくないことだ?
“見える”はずなのに……
初めてのセミナーも寝てばかり
小さな成功体験
参加者は嘘つきばかり?
フォーカスの違いが分からない
それでも心臓バクバクの体験が
家庭学習の不安
長い物語のはじまり
懲りずに二度目のセミナーに
私の勝手な想像かもしれませんが……
落伍者の烙印
可能性を信じて
◆第1章のまとめ

第2章 “ブレイク”の予感 ―― 創意工夫の開始
トランスパーソナル心理学
組織と個人のジレンマ
変性意識状態
最後のチャンス
無駄な努力でした
『アクアティブ・イマジネーション』との出会い
いざ、モンロー研へ
それでも寝てばかり
モンロー研のドアが開く
フォーカス15と“落ち武者”
真夜中の涙――これが峠だった!
これからが本番!のメッセージ
なぜかウキウキして帰路に着く
ためらわずに自分を表現する
イマジネーションを信頼しようと覚悟を決める
仲間ができるとうれしい
時空を超える旅
もちろんライフラインに
直感という純粋な理解
頑張ってリラックス?
心のリラックス
◆第2章のまとめ

第3章 ついに “ブレイク” ―― コツをつかむ
開き直りのライフライン
焦らずリセット
デジャヴ(既視感)――目撃証言
フォーカス27に到着
準備のプロセスのバージョンアップ
サインは――“ズキン・ズキン”
“木こり”の救出
もう一度――“ズキン”
“うさぎ”の救出?
朝方、夢うつつで
バンバン救出
ガイドの姿は……
“アルピニスト”の救出
ライフラインのこぼれ話
ドブに捨てずにすみました
主体性についての一考察
◆第3章のまとめ

第4章 “ブレイク” のあと ―― ヘミシンクを楽しむ
“シスター”登場
ついに“落ち武者”を救う
“迷子”を助ける
非言語交信
新しい世界へ
“レスラー”登場
頭痛、そして救出
ガイドに関する一考察
なぜヘミシンクをやっているんですか?
からだを動かしたい――ヨガを始める
“ノン・ヘミ”へのチャレンジ
封じられた“シャドウ”の統合
新しい祈りの形
“ヨガ・ファーム”の建設
集合無意識による具現化
グループ・エネルギーの力
“クリスタル・ムーン”
ヘミシンクの三種の神器
十分に元が取れました
白いガイドに導かれ
自分への奉仕と、他者への奉仕
未来を予測する最善の方法
探索はつづく
◆第4章のまとめ

エピローグ 最後に ――グラウンディング
シェア上手になるために
無意味な比較
“ガイド依存症”と“あげる症候群”
キーワードは――「自分でなんとかする」

関連記事