ブックカバーチャレンジ【7日目】『バガヴァッド・ギーター』編纂 光田 秀

Facebookで【7日間ブックカバーチャレンジ】。バトンが回ってきました。読書文化の普及に貢献するという趣旨。好きな本を1日1冊7日間投稿。【7日目】

◆◇◆

15年前からヨーガ教室に通っています。昨年からヨーガのインストラクターもやっています。
なので、もちろんバガヴァッド・ギーターのことは知っていました。
でも、本質的なことは何もわかっていなかった。
戦いの最中に、何か崇高な教えを説いている。なんだか悠長なことをやっているなあ・・・と。

日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田さんが、バガヴァッド・ギーターの講義をするという。
しかも、エドガー・ケイシー的に解釈するというもの。
ケイシーのリーディングでは、最も真理に近い教えを説いている聖典と言われているのが、ギーターである!と。
参加して驚き、眼から鱗。なんじゃこりゃー。こういうことだったのかー。
その後、『カルマ・サニャーサ』を読み直してみると・・・そういうことだったのかー。
全て根っこは一緒だった。

これからは、カルマ・ヨーガに生きる(ための努力を続けよう)と決意しました。
頭で理解しただけではダメで、日々実践を積み重ねていく。
一歩進んで二歩下がるようなことも多いのですが、とにかく前進する。
覚悟を決めることができました。

ちなみに、光田さんが編纂された『バガヴァッド・ギーター』は非売品。講義用のテキストです。光田さんの講座に出ないと手に入りません。
『カルマ・サニャーサ(Karma Sannyasa)』はインドのビハール・スクール・オブ・ヨーガ(BSY)で出版されていますが、日本語版は出ていません。写真の小冊子は、私のヨーガ教室で勉強のために翻訳され、メンバー限定で公開されているものです。

関連記事