• HOME
  • CONTENTS
  • 書籍・映画
  • ブックカバーチャレンジ【6日目】『すべてはここに始まりここに帰る エドガー・ケイシーの超リーディング』

ブックカバーチャレンジ【6日目】『すべてはここに始まりここに帰る エドガー・ケイシーの超リーディング』

Facebookで【7日間ブックカバーチャレンジ】。バトンが回ってきました。読書文化の普及に貢献するという趣旨。好きな本を1日1冊7日間投稿。【6日目】

◆◇◆

『すべてはここに始まりここに帰る エドガー・ケイシーの超リーディング』

日本エドガー・ケイシーセンター会長の「光田 秀」さんと、「白鳥 哲」監督の対談です。
2017年11月発行。これを読んでから、光田さんの説くケイシーに傾倒して行きました。

エドガー・ケイシーのことは以前から知ってはいました。でも興味の範囲でしかなかった。
強い関心を持ち始めたのは、『賢者たちのメッセージ エドガー・ケイシーに学んだこと』を読んでから。
特に印象に残ったのは、「霊能」と「霊性」の違いについて。霊性を伸ばそうとするのではなく、霊性を高めようと努力する中で、自ずから必要とされる霊能が身についてくる、という主張。

「霊性を高めることで、それぞれの人は、自分にふさわしい霊能を高めるのだと思います。・・(中略)・・芸術家が作品を作るときも、教師が生徒を指導するときも、農家が作物を作るときにも、霊能が働いでいるわけです。」

そして、霊性を高めるための具体的なテキストがある。それが『神の探究』(上下)。ケイシーは『神の探究』のための24のトレーニング法を13年かけて作り上げたとのこと。
光田さんは、このテキストの翻訳を開始してから完成までに、紆余曲折21年を要したとのこと。
すごい!の一言です。

関連記事